ホーム » news » 県下学校臨時休業における弊塾運営について

県下学校臨時休業における弊塾運営について

県下学校臨時休業における弊塾運営について

 

平素は新型コロナウイルスによる様々な影響がある中、弊塾の活動につきましてご理解とご協力をいただき誠にありがとうございます。

さて、4月7日付で政府より兵庫県においても緊急事態宣言の発令と8日施行が決定されました。また加古川市全域の小中学校及び高校の5月6日までの一斉休業が発表されています。

ただし今現在におきまして加古川教育委員会による学習塾への閉鎖の要請は出ておりません。また、このまま生徒さんたちが自宅学習のみで4月中旬まで学校や塾の授業のない生活が続くと、確実な学力低下を招くと危惧しております。

非常に判断が難しいところですが、様々な懸案を鑑みて弊塾につきましての今後の見解をお知らせいたします。

 

① 通常授業について

ご家庭における動画授業と1クラス最大3名までの短縮授業の併用になります。

詳細は各ご家庭に改めてご連絡いたします。

(4月8日から4月11日まではより安全に授業を実施するための準備として休講といたします。)

また、非常事態宣言発令中の自習室の利用に関しましては全面使用禁止とさせていただきます。

ただしこれまで以上に

・『3密』を避けるため換気を十分に行い、マスク着用義務、手洗い、うがいを徹底して実施いたします。

・座席につきましてはできるだけ間隔を離すように配慮します。

 

② 動画配信サービスについて(中学生・高校生対象)

コロナウイルスの影響で一斉授業の参加に躊躇される生徒さんに対応するため、授業の動画配信サービスを始めます。

一回15分程度の動画をYoutubeを通して配信いたします。

また、この動画授業配信につきましてはコロナ終息後も引き続き行い、生徒さんには何度も動画を観て復習することができる環境を随時整えていく予定です。

 

③ 添削授業サービスについて(小学生対象)

コロナウイルスの影響で一斉授業の参加に躊躇される生徒さんに対応するため、添削授業のサービスを開始いたします。添削の方法などはご希望の方に追ってお知らせいたします。

 

目下様々な制限のある状態になっております。いろいろと困難を伴いますができる限りお子様のお力になれるよう、スタッフ一同精進してまいります。